U-NEXTとhuluおすすめは?安い料金や番組表も。オンデマンド比較

ユーネクストとフールーほか有料動画配信サービスどこがいい? 映画と気になる女優/CM美女のミニ記事置き場も

*

映画「インファナル・アフェアIII」の見どころと主要キャスト

   

映画「インファナル・アフェアIII」は、2003年に香港で制作され、日本でも2005年に公開されると大変注目と人気を誇った大ヒット香港映画となります。その人気の高さからハリウッドリメイクも決定し、前作から引き続いたシリーズの最終章として、国内外のファンからも大変評価の高い作品となっています。

「インファナル・アフェアIII」では、第1部の潜入捜査官ヤンが殉職してからの10ヶ月後からストーリーが始まります。シリーズを通じて、主人公の警官ラウをアンディ・ラウが演じ、今作でもその存在感を魅せつけてくれます。

また、今作のキーパーソンである謎の大物密輸商人シェンをチェン・ダオミンが、そして、ラウのライバル役でもあり、エリート警官でもあるヨンをレオン・ライが演じます。

特にこの映画の見所として、レオン・ライとアンディ・ラウの壮絶な演技合戦は、手に汗握る展開でもあり、見る人々を必ず興奮させ、楽しませてくれるものとなっています。これまで、様々な警察内にはびこるマフィアを次々と倒してきたラウが、果たして今回はどのような活躍を見せ、立ちはだかる二人とどう対峙していくのか、それが大変見どころとなっています。

出演者も主役だけではなく、これまで第1部、第2部とシリーズを盛り上げてきた出演者が総出演で最後の舞台を盛り上げてくれます。まさに、インファナル・アフェアの最終章にふさわしい豪華演出でもあり、かつ、香港映画史上でも歴史に残る一作となったことでしょう。

監督は、シリーズを通じてアンドリュー・ラウとアラン・マックが担当します。ヤン役のトニー・レオンも出演し、またケリー・チャンなど有名な演者が多数出演していることでも話題の本作ですが、ミステリー・サスペンスとしての出来も大変素晴らしいため、見たことのない方はシリーズ3部作を一度通して楽しんでみることをおすすめします。

「インファナルアフェア」を日本でリメイクした「ダブルフェイス」の見どころと主要キャスト

香川照之と西島秀俊が主演を務める「ダブルフェイス」は、香港映画「インファナルアフェア」をリメイクした映画です。この「インファナルアフェア」は、空前のヒットを記録して、ハリウッドでもリメイクして製作されています。しかも、史上最高額となる額でリメイク権が売られて、マット・デイモンとレオナルド・ディカプリオの共演による映画となるなど注目の作品となりました。そして、日本版にリメイクされたのが、この「ダブルフェイス 潜入捜査」と「ダブルフェイス 偽装警察」なのです。

この2つの映画は、それぞれ異なった視点から描かれたもので、警察からヤクザに潜入捜査官として送り込まれて、組織を壊滅させようとする警察官と、逆にヤクザから警察組織内に入り込んだ男をメインにしています。どちらも、警察官としての生き方とヤクザとしての生き方という二重の人生に疲れながらも、自分の使命とも言うべきものを果たそうとする葛藤が強調されています。

どちらの映画も、陰謀うごめく2つの組織内の動きを描いているとともに、ドキドキさせる2人の男の人生と任務を、緊張感みなぎる映像とストーリーで示していて最後まで目が離せません。

日本版のリメイクとなるこの「ダブルフェイス」の両編は、WOWOWとTBSがコラボしてスペシャルドラマとして製作、放送されましたが、瞬く間に人気が出て大きな反響を呼びました。それもそのはず、主演の二人を初めとして豪華なキャストが勢揃いしている上に、テレビドラマとは思えないほどの作り込んだ映像の質の高さや、演技のレベルの高さが見られますので、映画並みの面白さと満足感が得られる内容に仕上がっているのです。

原作の脚本の良さに加えて、日本風にアレンジしたリメイクの完成度も高いため、お勧めの一本です。

 - 昔の映画やらマイナー映画など